fc2ブログ

研究室

今日の更新はまだ待って

 ←第1254回「こんなときに言ってしまうひとり言」 →帰宅→そして明日の帰省へ
合宿の内容は明日まとめて更新します。

というわけで、ここから時間差更新。↓


合宿2011_1 というわけで研究室の合宿が始まりました。場所は和歌山県にある「かわべ天文台公園」。迷人がM1の時に行って以来なので、実に三年ぶりにお世話になりました。天文台に着いたら早速、後輩の学生たちによる発表会が行われました。発表内容はM1の子達が学部4回生の時の卒業研究、学部4回生の子が卒業研究に向けて、現在までの中間報告をしていました。その後にも特別セミナーという形でD1の子が自分が調べたことを熱く語っていました。尤も、迷人はほとんど話の内容に付いていけなかったですけど(笑)。

合宿2011_3発表が終わった後のバーベキューの様子。今回の合宿を企画した後輩に確認してみたところ、天文台で出す最高金額のコースを頼んだとのこと。そりゃ具材も豪華になるわな。お肉だけでなく、ホタテやサザエもあったのだから。ただでさえ気温が高かったのに、バーベキューの熱も加わって、バーベキューをしたところはかなり暑かったです。そのおかげで、ビールをより一層おいしく頂くことが出来ました。後、アルコールが入って絡み上戸になった後輩に目を付けられたスタッフのお二方、ご愁傷様でした。今回のバーベキューで研究室の真の支配者が誰であるのか、その答えの一端を垣間見ることになってしまいました。

合宿2011_5バーベキューが終わった後は、天文台の職員さんに案内してもらって望遠鏡を見せてもらいました。今回前回訪れた時に比べて天候にも恵まれたので、望遠鏡越しに天体を観測させてくれました。最初に見たのは土星。土星といえば美しいリングを持っていることで有名な天体ですが、今回の観測ではそのリングを見ることが出来ました。土星の輪には「カッシーニの間隙」と呼ばれれる有名な隙間があるのですが、今回の観測では見ることが出来ませんでした。でもよく考えてみれば、輪と一緒に土星を見たのは今回が初めてだったので、迷人的にはかなり思い出になった観測でした。土星の他にも、メシエ天体とお月様も見してくれました。メシエ天体は星が無数に集まっている様子(球状星団)が見て取れました。ただ、迷人自身の視力が悪いので、見た印象はボヤッとした星が無数に集まっているようでした。最後は一番身近な天体「月」。地球に一番近く、且つ満月に近い満ち欠けだったこともあり、非常に鮮明な姿を望遠鏡越しに見ることが出来ました。やっぱり他の人達のように写真に収めとけば良かったな。あの美しさは文章にするよりも実際に絵で見たほうが伝わりやすいから。

望遠鏡の見学が終わったら後は無礼講の宴会。しかし迷人はお酒を控えて、麻雀に興じていました。研究室の中にも打ちたがっている人がいることを知り、今回サークルの後輩から借りてきたのですが、結構楽しめましたね。自分の味方が一人もいなくて孤軍奮闘したのですが、成績は悪くなかったと思います。
スポンサーサイト




もくじ  3kaku_s_L.png 日常、その他
もくじ  3kaku_s_L.png 合唱
もくじ  3kaku_s_L.png 勉強面
もくじ  3kaku_s_L.png アニメ・漫画
もくじ  3kaku_s_L.png 研究室
もくじ  3kaku_s_L.png ドラマ
もくじ  3kaku_s_L.png ゲーム類
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第1254回「こんなときに言ってしまうひとり言」】へ
  • 【帰宅→そして明日の帰省へ】へ